草花木果と資生堂の関係とは何か

 

今回、草花木果と資生堂の関係とは何かということをテーマに取り上げましたが、もともと草花木果と資生堂はまったく関係がないと思っていただけに、自分でも何をどう考えていいやら、ちょっと戸惑っています。
草花木果は、もしかすると資生堂から枝分かれした会社なのではと思い、会社概要を調べてみたのですが、草花木果は株式会社キナリが発売しているコスメシリーズの名前ですので、この際、資生堂とは関係がないことになります。
となると、草花木果と資生堂の関係で思い当たるのは、ずばり、ライバルということです。
良くも悪くも、資生堂は世の中の女性のコスメの歴史を担ってきた、化粧品会社の老舗中の老舗です。
大々的な宣伝広告もしてきましたし、それはいまでも続いていて、今をときめく女優さんや歌手のみなさんを起用して、自社商品の売り込みに余念がありません。
けれど、一時期、資生堂の化粧水がただの水だったという事件もありました。
その後は信頼回復に努め、いまだにコスメ業界の王座に君臨していると思います。
けれど、今ではインターネットの普及により、草花木果のように口コミでそのよさが広まり、大々的に宣伝しなくても経営していける化粧品会社が増えてきました。
草花木果と資生堂の関係を端的に言い表すなら、大手で大々的に宣伝して売ることができる会社か、あるいは規模は小さいけれど、口コミでそのよさが広まり、やっていける会社かの違いを表すように思えます。
ただ、決して大々的に宣伝することで商品の品質が下がるというわけではなく、逆に口コミで広まったから、宣伝しているところよりも商品が優れているということでもないと思います。
それは、消費者一人一人に選択の余地があり、どれを選ぶかは、購入する人の自由だし、考え方次第だと思います。
長年化粧品業界に君臨してきた資生堂でなくてはいやだという人も、大勢知っていますし、知らない会社のコスメでもいいものがたくさんあると、トライアルで試している人もいます。
その関係性は、老舗と新しいものとの切磋琢磨であり、融合であり、お互いに発展していくために、必要な存在であるといってもよいのではないでしょうか。
ただし、それもすべては、消費者にさらによいものを届けたいという気持ちで、やってもらわなくてはなりません。
ただ利益追求のためだけに、おたがいにしのぎを削るようでは、どちらも消費者からそっぽを向かれてしまうということを、忘れないでほしいと思います。

シミにお悩みならこちらがおすすめです!

プラチナVCセラム口コミ体験!使い方は?【トライアル検証】
プラチナVCセラムはただコラーゲンを補うだけではなく、肌自らコラーゲンを作り出す力を強化する画期的な美白美容液です!その美容液の効果を実際にトライアルを使って確かめてみました。最終日私の顔のシミは…!
www.shimitori-cosme-taiken.com/