リフォームローンの審査に落ちた理由は年収が原因だった?

リフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

対象となる工事内容についてですがいくつかの条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため確定申告を行わなければ適用されません。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低い金利は1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動金利と固定金利があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

アプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは小規模なリフォームです。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く比較的審査に通りやすいようです。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新商品であるフラット35リノベが販売開始しています。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。

リフォームローン金利比較する場合は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

金利や審査時間など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

親切なサイトでは金融機関のリンクが貼られていますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、自宅で申し込めるローンが増えています。

オリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日で審査結果が郵送されてきます。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

まず、考えられる要因は借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円になります。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

無理のない返済額に応じた借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは工事業者によって異なります。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となりその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

参考:リフォームローンの審査に落ちた理由は? 【どんな理由が考えられる?】

正しいリフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団信の加入可否や手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンは種類が多いのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

知っておくとお得な情報として、リフォームローンの金利相場は市場金利によって変わっていきます。

担保の有無によっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

借り入れたリフォームローンが余った場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

追加融資が難しい金融機関では、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

リフォームローンの一体型とは分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探す必要があるのです。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はその原因を分析する必要があります。

まず、考えられる要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

勤続年数や会社の経営状況、雇用形態等に諸問題が影響したのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額は1/10程度しかありません。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円になります。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

現実的な返済額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンの口コミでは、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査が厳しいと言われてます。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となりその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなく付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは金利の引き下げが受けられることです。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

利率は変動金利型となっており、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

アプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

アプラスの金利ですが、7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税の控除があります。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームと限度額は条件付きになっています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下である必要があります。

リフォームローンの金利ですが金融機関によってかなり異なります。

低い利率では1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは大手金融業者であればHPに試算フォームを設置しています。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録などは一切ないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、リフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。