楽天ETCカードのキャンペーンのメリットとデメリット

車で旅行に行くときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大きく分けて3種類に分類され、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年間の利用額など条件付きで年会費無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく毎年、年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、ポイント還元率が高くなっているなど別の面で優遇されていることも多いです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

最近楽天ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレカなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なのでカードを直接スタッフに渡すのは緊急時のみにしておきましょう。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

料金割引に関して木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレカ会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引適用外区間でほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いを楽天ETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンの故障などで無線通行できない場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを直接手渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

買い物などの色々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて付きますがETC利用でも同様のポイントが付きます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではETC利用時の付与率は少なくなっていることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで支払いにもたついて渋滞が起きているのを見ますよね。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、クレジットカード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

高速道路を使って遠出する際に料金所で止まらずに通過できて便利な楽天ETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

現在持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですがサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

参考:楽天ETCカードのキャンペーンはお得?

車で遠くに行く時に便利な楽天ETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費について大まかに分類すると1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく毎年、年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても同じように無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して法人化を行い社長となる人も増えているそうです。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

打ち合わせなどで移動する際の交通費は領収書が多くなりがちで毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて一括で引き落として経費参入しておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらず法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

結論を言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部楽天ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告をする時に利用履歴や明細をまとめる必要があります。

これはETCカードでも同様の確認が必要です。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトで過去の利用証明書発行や利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、楽天ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えて決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に入口に料金所がなかった場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

車に乗る機会が多い方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

サブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされる・よく車を利用するという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が良かったりENEOSでの特典がつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったカードを探してください。

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのが楽天ETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで支払いにもたついて渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

楽天ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカード機能のみだとダメかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即時引き落としにしてしまうと何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカ会社発行のカードとの大きな違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。