リフォームローン減税は審査があるの?

リフォームローンでシミュレーションがあるのをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録することはないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は素人では難しいので積極的に利用することをお勧めします。

残念ながらリフォームローンに落ちたという人はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入の希望額が収入に見合っていなかった可能性があります。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった不適切と判断されてしまう問題があったのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので手軽に利用出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

そのため無担型ローンが適しているという場合は小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンの金利ですが金融機関によって様々です。

1%台からの低金利なところもありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動金利言われる金利と固定金利と言われる金利があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

おすすめのリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資金額は50万円以上1000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベが販売されています。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人や担保、保証料などは一切不要というメリットが大きいです。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。

リフォームローンを利用するに当たりいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、じぶん銀行の住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

返済に無理のない借入額を事前にシミュレーションすることが大切です。

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

アプラスの金利ですが、7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

参考:リフォームローン借り入れの条件は?審査に通る!【申し込みの基準は?】

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンは種類が多いのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形と無担保型があり金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

リフォームローン金利比較は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借入限度額、審査時間など条件にごとに並び替えができますよ。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンの口コミでは、口コミ評価が良い金融業者が良い業者とは限らないということです。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい腹いせとして悪い口コミが増えるということはよくあります。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分の条件に合った商品を見落とすかもしれないのです。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。