プロミスの審査が気になるけど実際どうなの?厳しいの?

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融プロミスですがその審査能力は突出しています。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融プロミス業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

消費者金融プロミスというのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

プロミスのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合にはプロミスのカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

消費者金融プロミスごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちでなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のプロミスのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融プロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

プロミス審査の口コミは?即日ネット申し込みOK!【私の体験談】